ジュニア向けのバレーボール教材

今日でブログ更新第四回目!パパブロガーの賢治です。前回の記事では、ファイテンを勧めてしまいました。とても良い商品なので、ついつい勧めてしまうのです。今日はバレーボールの指導と練習法について書くことにします。普段、息子達はバレーボールチームでの練習と私が直々に指導しています。それだけでは、練習の効果が上がらないと思い、息子達のスキルアップを考えて、バレーボール教材の購入を検討しています。昨今では、バレーボールの練習メニューや練習法を収録したDVDの教材が増えています。スパイクに特化した教材や中には、バレーボール戦術に特化した教材もあります。細かくパートごとに分かれているのです。そして、ジュニアバレーボールの教材も存在します。まあ、こうした傾向はバレーボールだけではなく、他のスポーツでも同様です。

いま、私が購入を検討しているのは、工藤憲のバレーボール・ジュニア選手育成プログラムというDVDです。内容としては、サーブの指導、パスやスパイクの技術、攻撃バリエーションとフォーメーション、チーム作りと試合の組み立て方です。バレーボール・ジュニア選手育成プログラムでは、個人の技術だけでなく、攻撃の連係プレーやチーム作り、試合の組み立てまで学べるのです。このDVDの監修者である工藤憲という方は、どういう人物かは存じ上げていませんが、経歴を見たところジュニアバレーボールの指導者として活動している方だと分かりました。過去には、日本小学生バレーボール連盟の理事長を務めていたり、小学校でバレーボールの指導をしていたようです。現在は、江別中央バレーボール少年団総監督として小学生プレーヤーを指導されているそうです。工藤憲は大人のプレーヤーではなく、小学生のバレーボール指導者として活躍されている方なのです。小学生向けのバレーボール教材は種類が少ないので、工藤憲のバレーボール・ジュニア選手育成プログラムは購入候補として考えておきます。もし、子供がバレーボールをやっている人がいたら、検討してみるといいでしょう。