ジュニア向けのバレーボール教材

今日でブログ更新第四回目!パパブロガーの賢治です。前回の記事では、ファイテンを勧めてしまいました。とても良い商品なので、ついつい勧めてしまうのです。今日はバレーボールの指導と練習法について書くことにします。普段、息子達はバレーボールチームでの練習と私が直々に指導しています。それだけでは、練習の効果が上がらないと思い、息子達のスキルアップを考えて、バレーボール教材の購入を検討しています。昨今では、バレーボールの練習メニューや練習法を収録したDVDの教材が増えています。スパイクに特化した教材や中には、バレーボール戦術に特化した教材もあります。細かくパートごとに分かれているのです。そして、ジュニアバレーボールの教材も存在します。まあ、こうした傾向はバレーボールだけではなく、他のスポーツでも同様です。

いま、私が購入を検討しているのは、工藤憲のバレーボール・ジュニア選手育成プログラムというDVDです。内容としては、サーブの指導、パスやスパイクの技術、攻撃バリエーションとフォーメーション、チーム作りと試合の組み立て方です。バレーボール・ジュニア選手育成プログラムでは、個人の技術だけでなく、攻撃の連係プレーやチーム作り、試合の組み立てまで学べるのです。このDVDの監修者である工藤憲という方は、どういう人物かは存じ上げていませんが、経歴を見たところジュニアバレーボールの指導者として活動している方だと分かりました。過去には、日本小学生バレーボール連盟の理事長を務めていたり、小学校でバレーボールの指導をしていたようです。現在は、江別中央バレーボール少年団総監督として小学生プレーヤーを指導されているそうです。工藤憲は大人のプレーヤーではなく、小学生のバレーボール指導者として活躍されている方なのです。小学生向けのバレーボール教材は種類が少ないので、工藤憲のバレーボール・ジュニア選手育成プログラムは購入候補として考えておきます。もし、子供がバレーボールをやっている人がいたら、検討してみるといいでしょう。

バレーボールにもファイテンがお勧め!

記念すべきブログ更新第三回目!パパブロガーの賢治です。今日も子供のバレーボール指導に燃えています。いまは小学生なので、もう少し年をとれば反抗期になって、親の言うことなんて聞かなくなるのでしょうね。それはさておき、今日はバレーボールにかかせないアイテムについて書いてみたいと思います。私も愛用していますし、子供にも着用させているのが、ファイテンのネックレスやシャツです。ファイテンはスポーツ用品メーカーでチタンチェーンネックレスやチタンテープ、メタックスローション等が有名です。ファイテンはフィギュアスケートの羽生結弦くんが着用していることで知られています。羽生くんも子供の頃からファイテンのネックレスを愛用しているそうです。うちと同じように、お父さんが勧めたのですね。ちなみに、羽生くんが着用しているのは、RAKUWAネックX100チョッパーモデルとミラーボールというネックレスです。

私の子供たちは、ファイテンのネックレスだけでなく、ソックスやTシャツも着用しています。バレーボールの練習後には、メタックスローションでのボディケアが効果的です。メタックスローションでマッサージすると疲れがとれやすいのです。どういう原理でファイテンが効いているのかは分かりませんが、血流がよくなるのですよね。ファイテン製品には、アクアチタンやアクアゴールドという特殊な技術が使われています。それらは金属を水に溶かす技術です。もちろん、ファイテンはバレーボール以外のスポーツにもお勧めですよ。ぜひ、使ってみてくださいね。

バレーボールのための筋トレメニュー

ブログ更新第二回目!パパブロガーの賢治です。既に関東も梅雨入りしているので、雨が降ったり止んだりしている天気です。バレーボールは室内スポーツなので、天気は関係ないのがメリットですね。その代わり、バレーボールコートがないとプレーできないというのもありますけどね。チームスポーツなので、1人、2人ではできる練習も限られてしまいます。人数が少ないときや自宅では、筋トレでもやればいいのです。バレーボールではジャンプやレシーブが重要なので、下半身を鍛える必要がありますし、アタックやサーブのときには、上半身の筋肉も使います。背筋や肩、腕の筋肉も鍛える必要があります。また、スパイクを打つときには手首のスナップを利かせると、より力強いスパイクを打つことが可能です。

日常生活で手首の筋肉を使うシーンは限られているので、手首の筋力はあまり強くありません。そのため、手首の筋肉は入念に鍛える必要があります。手首を傷めてしまったら、元の子もないので、怪我をしないようにトレーニングしないといけません。あまりハードに手首の筋肉を追い込むのは厳禁なのです。我が家にも、トレーニングチューブやバーベル、バランスボールくらいは用意しています。私が学生の頃は、トレーニングチューブやバランスボールなんてなかったですから、今は自主トレーニングの環境が恵まれていますよね。いまでは、そうしたトレーニング用具がネット通販で簡単に購入が可能です。

ジュニアのバレーボールチーム

こんにちは、二児の父であるパパブロガーの賢治です。まあ、パパブロガーなんてカッコつけても、普段はサラリーマンをしています。ちょっとした気まぐれでブログを始めることにしたのですが、書くことがあまりありません。子供が二人いるので、話題は子供たちのことが中心になるかと思います。趣味といえば子育てですかね。私は学生時代に部活でバレーボールをやっていました。これでも学生時代は、エースアタッカーだったのです。その関係で、小学生の子供たちも、バレーボールをやっています。父親からすれば、子供たちが好きなスポーツをやってもらえればいいので、水泳でも卓球でもいいのですが、幸いなことにバレーボールに興味をもったようなので、父親としては嬉しいですね。

いま住んでいる地域には、ジュニアのバレーボールチームがあるので、そこに所属しています。ジュニアのバレーボールチームは、どこにでもあるわけではないので、環境的には恵まれていると言えます。小学校の体育の授業でも、バレーボールをやると思いますが、所詮は体育の授業レベルです。毎回、バレーボールをやるわけではないですし、将来的にバレーボールでオリンピックやワールドカップを目指すとなると、少なくとも小学生の頃から本格的にバレーボールをプレーしている必要があるでしょう。うちの子供達には、スタープレーヤーを目指してほしいですね。やるからには、中途半端はよくないと指導しています。